大分小動物病院

HOME > 診療内容 > 手術と流れについて


手術と流れについて

当院では避妊・去勢手術から開腹手術や整形外科手術、眼科手術、緊急手術など様々な手術をおこなっています。

飼い主様には手術の必要性、手術のリスク、手術の方法、術前・術後の注意事項、費用などを十分に説明し、 同意を得てから手術をおこないます。
時間帯は、通常は12:00〜17:00の間におこないますが、長時間の手術や緊急の場合などは夜間に手術をおこなうこともありますので、ご理解ください。

避妊・去勢手術のメリット

ネコちゃん、ワンちゃんも生後6ヶ月後あたりから、性ホルモンに関連した発情行動により問題をおこすことがあります。
例えば、雄の場合は、マーキング行動。いろいろな場所におしっこをかけ始め、一度覚えてしまうと止めさせることがかなり困難になります。
雌の場合は、特にネコちゃんは、急に足にじゃれついて甘え、夜も眠れないほど大声で鳴くようになり飼主さんを困らせてしまいます。

避妊・去勢手術は、本来、望まない妊娠を防ぐことが主な目的でしたが、性ホルモンに関連して出てくる問題行動の抑制や
病気の予防などのメリットがあります。

今後、子猫や子犬を増やす気持ちがないのであれば、一度避妊・去勢手術についてご検討してみてください。手術の方法や時期、
費用などについてはお気軽にご相談ください。

避妊・去勢手術の流れ

診察・検査をします。

初診の方は一度診察にご来院ください。手術の説明や、希望があれば手術前の血液検査を行います。

ご予約後に朝食を抜いてご来院ください。

手術当日は絶食して午前中の診療時間12時までに、来院してもらっています。
夕食は21時までにすませてください。
お水は自由に飲ませてよいです。

術前の血液検査をします。

手術を行うにあたり、動物の状態を確認するために術前検査を行います。
一般身体検査のほか、動物の年齢、症状、手術の種類などに応じて、血液検査やレントゲン検査、超音波検査などを行います。検査の結果によっては、
手術を中止または延期する場合があります。

全身麻酔をかけていきます。

避妊・去勢手術では、全身麻酔を施しておこないます。
手術は衛生的なオペ室で無菌的に行われます。

翌日に帰宅する。

翌日にお迎えに来てもらいます。
通院や消毒は通常必要なく、エリザベスカラーもつけません。
自然に溶けていく糸を使っていますので、抜糸は必要ありませんが傷口のチェックのため、10日後に来院していただきます。抜糸のための再来院の必要はございません。

お問い合わせは097-534-5576(休診:木曜午後、日曜日、祝日)
採用情報