大分小動物病院

HOME > 診療内容 > 健康診断・予防接種について


健康診断・予防接種について

健康診断について

病気の早期発見・早期治療のために

今一緒にいる動物たちは、人間の何倍ものスピードで歳を重ねていきます。病気になれば進行が早いこともあります。
大切な家族だからこそ、健康で長生きしてほしい。
そのためにも、病気の時だけに来院されるよりも普段から定期的に健康診断をされることをおすすめします。
特に高齢のワンちゃん、ネコちゃんには定期的な健康診断を強くお勧めします。

当院では、2つの健康診断プランをご用意しております。

健康診断パックの内容

当院では、各検査を一つにまとめた健康診断パックとしてご用意しております。
ワンちゃんネコちゃんの健康のためにも、長い目でみた時の費用面でも、気になる部分が出てきた時ごとに個別検査をするより
定期的に健康診断をされることをおすすめします。

検査内容

  • 一般身体検査

    視診、触診、聴診、体重測定など主に外からわかる異常がないかをチェックします。

  • 便検査

    顕微鏡で寄生虫の卵や原虫の有無、腸内細菌や消化状態の具合などをチェックします。

  • 尿検査

    検査用のスティックを使用して尿の性状検査をします。
    尿比重をはかったり、顕微鏡検査で細菌、結晶の有無を検査します。

  • 耳垢検査

    主に耳ダニの検査をします。
    顕微鏡検査では、細菌やカビなどをチェックします。

  • 眼科検査

    涙液量や白内障のチェック、角膜、眼底、眼圧をチェックします。

  • 血圧検査

    オシロメトリック法による方法で血圧をチェックします。

  • 胸部、腹部レントゲン

    骨や肺の状態、臓器の大きさをチェックします。
    レギュラープランでは胸部のみ、プレミアムプランは胸部と腹部の両方をチェックします。

  • 血液検査

    白血球赤血球、血小板の検査と内臓の機能のチェックします。内臓の検査項目は、レギュラー13項目、プレミアム20項目です。

  • 心電図

    不整脈の有無をチェックします。

  • 甲状腺ホルモン

    ワンちゃん、ネコちゃんは、甲状腺ホルモンの異常が多い傾向(高齢になると特に)にあるため、そのチェックします。

  • 腹部超音波

    内臓、消化器官などの腹腔内臓器の内部構造をチェックします。
    血液検査では検出が難しい疾患や、レントゲン検査では確認しにくい腫瘍などの検出に有効です。

注意点

動物の性格(嫌がる、あばれるなど)によっては、すべての検査は実施できない場合があります。
場合によっては、毛をカットさせていただくこともありますので、ご了承ください。

予防接種が大切な理由

あなたの大切な家族は、たとえ具合が悪くても言葉で訴えることはできません。そのために、病気を早い段階で発見することが非常に難しいです。
だからこそ、様々な病気や寄生虫からあなたの家族を守る(予防)することが非常に重要になってきます。

混合ワクチン(引用)

混合ワクチンの接種で予防できる病気は、感染すると有効な治療薬がなく死亡率が高い病気が含まれます。ワンちゃんネコちゃんをこれらの感染症から守るために定期的に接種をし、万一感染しても発症しないようにもしくは発症しても軽くすむようにしておくことが大事です。 当院ではワンちゃんは、6種混合ワクチンと8種混合ワクチンの接種を行っています。猫ちゃんは、3種混合ワクチンと5種混合ワクチンの接種を行っています。


ワンちゃんの
ワクチン
5種混合ワクチン
(7,000円+税)
犬のジステンパー 犬伝染性肝炎
犬アデノウイルス(2型)感染症 犬パラインフルエンザウイルス感染症
犬パルボウイルス感染症
10種混合ワクチン
(8,000円+税)
5種混合ワクチン 犬コロナウイルス感染症
犬のレプトスピラ病
血清型カニコーラ
犬のレプトスピラ病
イクテロヘモラジー
犬のレプトスピラ病
グリッポチフォーサ
犬のレプトスピラ病
ポモナ

ネコちゃんの
ワクチン
3種混合ワクチン
(5,000円+税)
猫汎白血球減少症
猫カリシウイルス感染症
猫ウイルス性鼻気管炎
5種混合ワクチン
(7,000円+税)
3種混合ワクチン
猫クラミジア感染症 ネコ白血病ウイルス感染症
お問い合わせは097-534-5576(休診:木曜午後、日曜日、祝日)
採用情報